覚えるのは僕だけでしょうか?余談となりますが

-

-

キャッシングした場合、返済をする時には利率を含めての返済になるのは誰もが知っていると思います。

金融会社は営利を狙いとした会社なのですから無論問題ありません。

とはいえお金を支払う方は、少しでも少なく支払いたいと思うのが心中でしょう。

利息制限法が定められる以前は年間30%近い金利返済していましたが、適用後は高金利でも年間18%位といくぶん低く定められていますので、とっても良くなったはずです。

今日の融資の金利幅は4%位から18%位の幅に定められていて、使用可能額により決められます。

利用上限額は申込者の信用によって影響します。

総量制限により年の収入の1/3までと指定されいますので、年の収入がいくらなのか?どういった職業についているのか?クレジットの使用状態はどうなのか?いろいろ審査され与信額としてキャッシングの内容が決められます。

カードを使ったローンの場合使用可能額が10万円〜800万円(各業者で使用可能額は違います)と広い幅があります。

そしてその幅の中で決定した利用可能金額により利率も決まるのです。

50万円なら18%、300万円なら12%、800万円なら年率4%といった感じになります。

要するに評価が良ければ、与信額も高くなり、利息も下がるはずです。

この利率に疑問を覚えるのは僕だけでしょうか?余談となりますが、カード業者にとって、それらの事実は当たり前なのかもしれませんが、年収の多い人がお金の借入れの必要があるとは考えずらいですし、もしローンサービスを利用したケースでも利率がどうであると支払いに追われる事はないでしょう。

反って一年の収入の少ない人はすぐさまお金が必要だからキャッシングするという方がほとんどです。

利息が高いとお金の返済に悩むはずです。

ですから利用可能幅の小さい人こそ低利子で使えるようにするべきです。

これらは活用するサイド側としての意見ではあります。

この事を踏まえて、利息を良くする為にはどうしたら良いのか、おぼろげながら理解したはずです。

現にこのようにして申し出をする人が大勢いるので紹介しますと、クレジットカードの申し込みをする際に、一年の収入の1/3ぎりぎりの利用限度額まで申込みをするのです。

年収600万円なら200万円。

年収900万円なら300万円で申し込み、キャッシング審査で全額通ればその分だけ利子が安いカードを手にすることができるのです。

と言ってMAXギリギリまで利用しなければならないわけでもないのです。

5万円でも30万円でも必要な分だけの使用できます。

そのうえ利用限度可能枠が300万円で最低金利年間7%位のローン業者も存在しますので、その金融会社に手続きをすればその金融会社の最低利息で使用できるようになります。

どうですか?考え方を変えるだけで低利率のキャッシングできるカードを持参することが出来るようになります。

自分の年の収入とローン会社の金利を並べて、検討する事に時間を掛ければ、より良い状況で返済ができるのですから、面倒だと思わず調査するようにする必要があります。


Site Menu

リンク

Copyright © 2000 www.sport-italia.com All Rights Reserved.