www.sport-italia.com

-

-

使用したレシートの保存する必要性はないのだろうか。結論について先に記載すると重要な意味は別にないというのが解答です。人によっては保有していることによって個々が中身を保管したいと思う場合であれば保管すればよいのですし、それらの履歴は必要ないと考える場合は残す必要性はないです。しかしながら定期的に送付されてくる利用履歴との照合をする時においては絶対明細レシートは不可欠です。その時まで所持しておかなければどこの場所でどれだけ使ったかという内容が定かでなくなることだけに限らず、誤った請求や重複した請求等の照合が不可能になってしまうため危ないです。特に利用した金額は明細レシートを保管していない限りは覚えていようがないはず。明細書が手元にくる1ヶ月か2ヶ月程度の期間は、なくさずに明細を保管するようにして頂きたい。クレジットの明細レシート処分のやり方●クレジットカードのレシート処分のやり方はとにかく単純なのです。人に悪用されないよう、できるだけバラバラにちぎって破棄するだけで良い。小さな機械等が自宅に置いてある場合は用心のために使っても良いだろう。クレジットの履歴を証明しているレシートであるのだからクレジットカードNo等個人情報を知られてしまうものがいっぱい入っているのです。ただのレシートと軽視せず、破棄は用心して行うようにして欲しい。一方で、最近では防犯のためカードNoといった個人の情報が記載されないレシートも出てきているが、油断は禁物である

Site Menu

リンク

Copyright © 2000 www.sport-italia.com All Rights Reserved.