www.sport-italia.com

-

-

渡された明細レシート保有義務はある??結論について冒頭で述べるととっておく必要性は特にない。ある人によっては所持することにより個々人が使用した内容を持っていたいという場合であれば持っていればよいのだろうし、逆に言うとそれらのもの無くても問題ないと考える場合には保管しておく必然性はない。だが定期的に郵送されてくる利用明細書類との照合作業をする際には絶対こういった利用レシートが不可欠。そこまで少なくとも保管していないとなるとどちらでいつ頃どのくらいの金額を使ったかという内容がわからなくなることだけに限らず、間違えの他重複等の確認作業すら不可能になるため気をつけなければなりません。特にクレジットカードを使用した額については明細レシートを保存していない限りは記憶しておくことはできないはずです。少なくとも使用履歴が手元にくる1ヶ月・2ヶ月くらいは、厳重に明細を保存するようにしたいものである。クレジットカードのレシート破棄の方法:クレジットの明細レシート廃棄法は非常にシンプル。他人に不正な使用をされないようできるだけ小さく裁断して捨てるだけで大丈夫なのである小さなシュレッダー等が自宅で使えるならば用心のために使うのが良いでしょう。なにせクレジットの利用を残しているレシートであるためクレジットカード番号など個人の情報について判別されるものが非常に多く入っているのです。不要な明細レシートと考えず廃棄は注意して行うべきでしょう。一方で、最近では犯罪防止のため明細レシートにクレジット番号といった機密情報が表示されていない場合も出始めているが信用しすぎは禁物であると思います。

Site Menu

リンク

Copyright © 2000 www.sport-italia.com All Rights Reserved.